「ウォーキングデッド」リックの原作とドラマの違い!原作の最後は死亡?

「ウォーキングデッド」リックの原作とドラマの違い!原作の最後は死亡?

ドラマ「ウォーキングデッド」では、最終局面に入る前に多くのファンに惜しまれながら退場してしまったリック。

 

今回は、リックの原作とドラマの違い、原作で最後どうなるのかについて、まとめて見ていきたいと思います。

 

【※なお、ネタバレ含みますので、まだドラマを見始めたばかりで、内容を知りたくないという方は注意してください】

 

スポンサードリンク

 

目次

閉じる

「ウォーキングデッド」リックの原作とドラマの違いは?

 

この投稿をInstagramで見る

The Walking Dead(@amcthewalkingdead)がシェアした投稿 -

 

 

ウォーキングデッドのリックの原作とドラマの違いということですが、他のキャラにも多々あるように、リックにも大きな違いがいくつかあります。

 

例えば、以下のような点が大きな違いです。

 

 

・右腕の有無

・結婚する相手

・家族関係の内容

・退場するタイミング

 

 

改めて振り返ってみると原作とドラマの違い多かったです。

 

それでは、各違いについて、以下で詳しくご紹介していきますね(*^-^*)

 

ガバナー(総督)によって右腕を失うはずだった?

 

 

 

リックの原作とドラマの違いの1つ目は、原作のままだとウッドベリーのリーダーのガバナー(総督)によって、右腕を失うはずだった点です。

 

リック一行とガバナー(総督)一行の争いの中、原作だとリックの右腕が切り落とされてしまうという展開がありました。

 

ここでリックの片腕がなくならなかったため、その後のニーガン登場の際にカールの右腕が切られそうになった時に「まさか右目も失ってるのに…」と、ヒヤヒヤしたファンもいたようです。

 

ちなみに、リックが右腕を失うくだりを描かなかった理由としては、時間とコスト削減という、かなり現実的な理由でしたww

 

ミショーンではなくアンドレアと結婚するはずだった?

 

 

 

リックの原作とドラマの違いの2つ目は、ミショーンではなくアンドレアと結婚するはずだったという点です。

 

リックといえば、ドラマ「ウォーキングデッド」の劇中では、前妻のローリ、ジェシーとの恋愛模様が描かれますが、最後の女性はミショーンで落ち着きました。

 

その一方、原作の場合、ジェシーまでの展開は同じですが、最後の女性はアンドレアで結婚もするという流れになっています。(原作でもアンドレアは亡くなってしまいます)

 

家族関係がドラマと原作で少し違う

 

 

 

リックの原作とドラマの違いの3つ目は、原作とドラマで家族関係が少し違うという点です。

 

ドラマの場合、ローリの死後、リックとカールに加えてジュディスも物語の主要キャラとして活躍するようになっていますが、原作だとローリと同じタイミングでジュディスも撃たれていなくなってしまいます。

 

また、原作とドラマでは、リックとカールの親子愛の深さにも違いがあり、原作だとドラマほど深い愛が描かれていないようです。

 

その辺は、視聴者の反応を見ながら、リックとカールの関係の描き方を変えていったのかもしれませんね(*^-^*)

 

退場するタイミングが違う!

 

 

 

リックの原作とドラマの違いの4つ目は、退場するタイミングが違うという点です。

 

リックは、ウォーキングデッドの主人公ですから、原作だと終盤まで生存していますが、ドラマだと死亡こそしていないものの、ウィスパーズとの争いの前に前線から退場する形になりました。

 

なお、リックが降板することになった件については、以下の記事も参考にしてみてください。

 

→「ウォーキングデッド」リックが降板した理由!復帰の可能性は?

 

原作では、終盤まで生存していると記述しましたが、最後の結末も気になるところだと思いますので、以下で詳しくご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

「ウォーキングデッド」リックの原作の最後は死亡?

 

この投稿をInstagramで見る

The Walking Dead(@amcthewalkingdead)がシェアした投稿 -

 

 

「ウォーキングデッド」のドラマでは、ウィスパーズとの争いの前に姿を消したリックですが、すでに完結している原作の最後の結末が気になるところですよね。

 

結論から言っちゃうと、リックの原作の最後は“死亡”という形で幕を閉じることになります。

 

原作でリックが死亡してしまうのは、ウィスパーズとの争いが終結した後の舞台となる“コモンウェルス”という5万人規模で展開する巨大コミュニティの人物が関係しています。

 

そこで、一体どんな流れでリックの命が奪われることになってしまったのか、その原因について見ていきましょう。

 

リックが原作で死んだ原因は?

 

リックが原作で命を落としてしまう原因は、コモンウェルスの内戦を止めたリックに対して、怒り狂ったセバスチャン・ミルトンに寝込みを襲われたことでした。

 

パメラ・ミルトンの指揮のもと、5万人規模の巨大コミュニティを作り上げた中、リック達が分裂(内戦)のきっかけを作り、全てを台無しにしたと恨みを抱くセバスチャンは、リックの寝込みを襲い、胸に銃弾を撃ち込んだのです。

 

その後、転化してしまったリックは、その場にやって来たカールによって銃弾を撃ち込まれるという壮絶な最期を遂げました。

 

ただ、ドラマだとカールは生き残っていませんし、リックがどのような最後を遂げるのかも気になるところですね。

 

スポンサードリンク

 

 

「ウォーキングデッド」リックのドラマの最後は映画で完結?

 

この投稿をInstagramで見る

The Walking Dead(@amcthewalkingdead)がシェアした投稿 -

 

 

ドラマ「ウォーキングデッド」では、シーズン9で番組を去ることになったリックですが、命を失ったわけではなく、その後の様子は映画3部作で描かれることになっています。

 

ドラマの製作総指揮を務めるスコット・M・ギンプル氏によると、映画3部作の内容は以下のような作品になるとコメントされています。

 

 

「リックには新たな試練が待ち受けており、(ドラマで)彼が経験したことが試練への準備と言えます。彼が向き合ってきた世界よりもずっと広く、その世界自体が試練となるのです」

※シネマトゥデイ引用

 

 

「彼が向き合ってきた世界よりもずっと広く」=「コモンウェルス」のことを指しているのだと考えられるので、物語の最終局面に関係してくることは間違いないでしょう。

 

なので、気長に映画公開を楽しみに待っておきましょう(*^-^*)

 

「ウォーキングデッド」リックのハッピーエンドに期待!

 

この投稿をInstagramで見る

The Walking Dead(@amcthewalkingdead)がシェアした投稿 -

 

 

「ウォーキングデッド」リックの原作とドラマの違い、原作の最後で死亡した原因について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

 

原作だと亡くなってしまったリックを転化した状態から解放したのがカールということでしたが、映画でどういう展開が描かれるのか注目です。

 

個人的にカールの役割を「まさかジュディスが!?」という、あまり見たくない展開も想像してしまいましたが、そんな脚本にならないことを祈っておきたいところです。

 

↓「ウォーキングデッド」原作の展開が気になる記事↓

 

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント

お名前

メールアドレス ※公開されません

サイトアドレス

CAPTCHA